恐れや不安を軽くする

【恐れや不安を軽くする】
 
 
 
 
人は必ず死ぬ。という事実は変わらない
 
人は生まれた時から死に向かってカウントダウンが、始まっている
 
 
 
 
どんな人でも
 
出会ったら絶対に別れが来る
 
それを解っていたら
 
 
 
少しは恐れや、不安が軽くなるかもしれません。
 
 
 
 
 
 
他人の時間に生きるのか、自分の時間に生きるのかは
 
自分の心が意思を持って決める事
 
 
 
 
 
 
 
死、亡くなるということ、辛いことです。
 
 
自分なりに死を考えた時にたまに読む、
メッセージが3つあります。
 
 
一つは、「亡くなった人からあなたへのメッセージ」
 
二つ目は、知覧の特攻隊員の遺書
 
三つ目は、自分で書いた遺書
 
 
私は、身近な人の死は感じたことはありますが、自分自身が死にかけたことがないので
その恐怖や不安がどれたけのものか実感は
できません。
 
ただ、上記3つのメッセージは
不安や恐怖ではないことは、私でも
わかります。
 
実際の不安や恐怖は、想像できないくらいなものだったのではないでしょうか。だからこその、このメッセージなのかもしれません。
 
 
 
 
 
〜「亡くなった人からあなたへのメッセージ」〜
 
 
亡くなった人からあなたへのメッセージ
 
 
 
苦しみもなく
悲しみもなく
痛みもないこの神の世界で
心穏やかに大切なあなたの幸せを願うことが
今の私の幸せです。
 
時々 空を見上げて 笑顔を見せてください
いつもあなたの側で見守っています。
 
時々 ありがとうの言葉を言ってください
いつもあなたの側で見守っています。
 
見えないかもしれないし、聞こえないかもしれない。
 
話すこともできないけれど
あなたの幸せを願い
いつもあなたの側で見守っています。
 
人は亡くなると
大切な人を見守り
幸せを願い導くパワーを神様からもらえます。
 
今日も全力であなたの幸せを願えることが今の私の幸せです。
ありがとう また会う日まで…
 
 
 
 
 
 
あなたにとって必要な言葉は、
 
TV
人の口から
電車の広告
SNS
など
 
どこで出会うか、わかりません。
必要だと思えば、必要なのだと思います
 
そんな大切な言葉があれば、
言葉の力を借りることができます。
 
 
 
 
 
 
 
もし、長期戦でコロナのリスクがあり続けるのであれば、そのリスクを回避する行動を、
 
政府、世論、現状を自分で見極め、
自分、大切な人を守る為に
リスクを回避する行動を、とらないといけません。
 
 
私にとってリスクを回避するとは。
コロナの感染以外に
経済的にも
心の状態的にも
 
と私なら、考えます。
 
 
 
私にとっての一番のリスクは
不安に、恐怖に生きることで
それが、現実化すること
 
 
 
事実に対しての解釈が全員同じなんてことはありません。
その事を踏まえた上で、
 
 
 
あなたにとっての自分軸ってなんですか?
 
あなたのポリシーってなんですか?
 
あなたにとっての正解、不正解ってなんですか?
 
 
書きながら、そんな質問を自分に投げかけてみました。
 
 
 
いまは、この状況を受け入れて
結果的には、日本が、世界が良くなる
と、決めて。
良くなるような生き方が少しでもできればと思っています。
 
 
 
 
良い方向に、向かいますように!
 
 
 
 
 
 

関連記事

  1. 不安が多い時こそ、キャンドルサービス

  2. カラダに栄養、心にも栄養