免疫を上げる為の、DNA解析。腸内フローラ解析とは?口を守れ。とは?

【免疫を上げる為の、DNA解析。腸内フローラ解析とは?口を守れ。とは?】

キーワードは、「免疫を上げる」

免疫を高める為には、
栄養、運動、睡眠、

マインド

このバランスを整えておくことは、すごく
大切です。

栄養面では、

管理栄養士の方のバックアップや

StFlairDNA栄養学®︎スクール
StFlairDNA腸栄養学®︎スクールで

DNAの観点から
栄養を学び、腸内環境の重要性を知り
現在進行形で、アップデートされていく
情報を、おかげさまで
学ばさせていただいております。

DNA解析と腸内フローラ解析を実施して
自分のタイプや、改善策、
腸内環境の現状を把握した上で

食事の改善や、
腸内環境を良くするための
アプローチを改善しています。

DNA解析では、

例えば、Mn_SODという遺伝子があるのですが、
この遺伝子でわかることは、抗酸化がどれくらいできるのかを知ることができます。

残念ながら、私は高リスクでした。

遺伝子リスクは生涯変わりませんが、
リスクを軽減することはできるのです。

酸化を防ぐために、どのような栄養素を摂れば良いか?

どのようなサプリを摂れば良いか?
などがわかります。

それを実践し、反応を見ていくことで
健康を良い方向へコントロールできる
確率が上がります。

腸内フローラでは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の比率がわかり、主要な菌がどのくらい
現時点で定着しているかも、わかります。

私の場合は、結果を見てから
必要な菌をとるように行動を
変えています。

反応を見ながら、体調を良い方向へ
調整しています。
腸内環境は変わるので
定期的に検査をすることで変化も
わかります。

腸内環境に定着している菌は
どこからきているのか仮説を立てた結果
私の場合、一つは口がキーワードでした。

口(口に関すること、主に歯や歯磨き粉など)の知識を高めている段階です。

口って、ウィルスが侵入する場所でもあります。歯の治療の素材や、歯磨き粉なども考えるようになりました。

口、歯に関してのマインドの違いは

北欧は、「歯を出来るだけ長く持たせる」
日本は、「悪いところを治す」

という言葉で、納得しました。

カラダも、同じですよね。

悪くなってからは、リスクが上がり
痛み、治す時間、お金もかかります。。

最善策は、悪くなる前に、自分のカラダを知り、リスクに対する準備が必要になります。
その時間、お金は投資になります。
免疫が上がることで、健康なカラダで
いられます。

完璧を目指す必要はないと思います。
ただ、何事も投資は大事だと痛感しています。

あなたは、リスクに対する準備していますか?

前向きな言葉で言えば、現状よりも良くなる状態を目指し行動されていますか?

何か一つでも、行動を変えると結果も変わります。

もちろん、運動。
パーソナルトレーニングも、その一つですよ!

ウィルスに負けないカラダ、
免疫を高め、健康であり続けましょう!